, コンテンツにスキップする

VIX反発-FOMCの影響再検証するトレーダー、インフレに言及

  • 米株式市場のボラティリティー指数、ほぼ2週間ぶりに上昇
  • 17日のFOMCへの1日遅れの反応との見方も

18日の米株式市場ではボラティリティーを示す指数がほぼ2週間ぶりに上昇に転じ、トレーダーは事実上のゼロ金利を今後約3年間維持するという米連邦公開市場委員会(FOMC)のメッセージの影響を再検証している。

  S&P500種株価指数は1.5%下落と3週間ぶりの大幅安。ナスダック100指数は3.1%下げ、今年の上げを失った。

VIX snaps seven days of declines while Nasdaq 100 falls more than 3%

  トレーダーらはインフレや債券利回り、ローテーションに言及している。

  • ラリー・ワイス氏(インスティネットの株式トレーディング責任者)
    • 人気のテクノロジー株から乗り換えるローテーションが続いたことなど、いろいろ全てが少しずつ要因になった
    • パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は2023年末までの金利の安定を示唆したが、インフレを巡る不安もある
  • アダム・フィリップス氏(EPウェルス・アドバイザーズのポートフォリオ戦略ディレクター)
    • 17日のFOMCへの1日遅れの反応だとみられる
    • パウエル議長は利回り上昇に介入しない姿勢を示したので、債券が売られ過ぎているように見えるとしてもさらに利回りが上昇する可能性はある
    • 今後数カ月に経済指標の改善が続く中で、金融当局への圧力は高まるばかりだろう
  • クリス・グリサンティ氏(MAIキャピタル・マネジメントのチーフ株式ストラテジスト)
    • 市場はテクノロジー株から循環株、エネルギー株、金融株へのシフトに賛成票を投じている
    • 債券利回りは急上昇した。インフレが市場をおびえさせている
    • パウエル議長は低金利を維持すると言っている。それは経済成長にとっては素晴らしいが、債券自警団は行き過ぎてインフレにつながるのではないかと恐れている
  • マイク・ベイリー氏(FBBキャピタル・パートナーズの調査ディレクター)
    • 10年物米国債利回りが急上昇し、テクノロジー株が通常よりも割高になっていることを株式投資家に思い出させた
    • 米国債利回りはやがて落ち着き、株式投資家はテクノロジー株と成長株に戻ってくるだろうが、それまでに数日かかるのではないか

原題:Seven-Day VIX Swoon Reaches Chaotic End: What Traders Are Saying(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE