コンテンツにスキップする

アップル、トラッキング規制迂回に警告-中国企業が抜け道準備と報道

  • 中国広告協会などが開発したシステム用い百度などが迂回策とFT
  • ユーザーの選択を無視すると判明したアプリは拒否される-アップル

米アップルが近く導入するユーザーのトラッキング(履歴追跡)を巡る新たな規制方針について、中国のアプリ開発会社がこれを迂回(うかい)する準備を進めているとの報道を受け、アップルは同社の「アップストア」規定は世界中のアプリ全てに適用されるとのコメントを発表した。

  アップルは数週間後にリリースする基本ソフト「iOS14.5」で、ターゲット広告向けにアプリがユーザー履歴情報を入手するには、事前にユーザーに許可を求めることを義務付ける。米フェイスブックやデジタル広告企業は大半のユーザーが許可しないと想定し、収入が圧迫されるとの懸念を抱いている。

  英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、百度(バイドゥ)や北京字節跳動科技(バイトダンス)、テンセント・ホールディングス(騰訊)などの中国テクノロジー企業数社は、アップルの新たなポリシーを迂回する準備をしている。中国広告協会(CAA)と中国政府のシンクタンクが開発した「CAID」というシステムを用いるという。

  アップルは「アップストアの条件とガイドラインはアップルを含めた世界中全てのデベロッパーに等しく適用される」と説明。「ユーザーはトラッキングされる前に許可を求められるべきだと当社は確信しており、ユーザーの選択を無視していると判明したアプリは排除される」と警告した。

原題:Apple Warns Against Unauthorized Tracking After China Workaround(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE