, コンテンツにスキップする
Photographer: Adam Glanzman/Bloomberg
cojp

激務の報いにアップル製品やペロトン、ジェフリーズが若手ねぎらい

  • 激務と犠牲に深く感謝、「せめてもの気持ち」とハンドラーCEO
  • アナリスト過労問題はこのところウォール街の話題に

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米金融持株会社ジェフリーズ・ファイナンシャル・グループは、激務に耐えている若手バンカーへの感謝の印として、ペロトン・インタラクティブのエクササイズバイクやアップル製品を贈呈する。

  リッチ・ハンドラー最高経営責任者(CEO)は18日、「新型コロナが猛威を振るい始めて以来、アナリストやアソシエーツの皆さんが続けてきた激務と犠牲に、ジェフリーズの全員が深く感謝している」とのコメントを電子メールで送り、「せめてもの気持ち」だとして贈呈品について通知した。若手スタッフへの報償は数週間前から計画されており、最近の出来事に対応した決定ではないと事情に詳しい関係者が述べた。

  ハンドラー氏とブライアン・フリードマン社長が同社のアナリストとアソシエーツ1124人に宛てた社内文書によれば、従業員はペロトンのエクササイズバイク(1年間のメンバーシップ付き)、ホームフィットネスプログラムの「ミラー」(1年間のメンバーシップ付き)、あるいは「アップルウオッチSE」、「iPad Air(アイパッドエア)」、「AirPods Pro(エアーポッズ・プロ)」にアップルケアプラスの保証を付けたパッケージのいずれかを選択できる。

  アナリストの過労問題はこのところ、ウォール街で話題になっている。

激務のゴールドマン新人バンカーら、勤務は週80時間を上限にと訴え

原題:Jefferies Offers Junior Bankers a Peloton Bike, Apple Perks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE