コンテンツにスキップする

LIBOR操作、1ベーシス当たり破綻19行に7.6億円の損害-FDIC

  • 損害の数字が管財人である米政府機関によって初めて明らかにされた
  • FDICはバークレイズと欧州の他の6金融機関を英国で提訴した

国際的な金利指標のロンドン銀行間取引金利(LIBOR)は、一部を除き年末で公表が恒久的に停止されると決まったが、金融危機で破綻した金融機関が一連の不正操作で被った損害の数字が、管財人である米政府機関によって初めて明らかにされた。

  英銀バークレイズと欧州の他の6金融機関を提訴した米連邦預金保険公社(FDIC)は、破綻した19金融機関全体で1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)操作されるごとに約700万ドル(現在の為替レートで約7億6300万円)の損害が生じたと主張した。

  この数字をベースに計算すれば、全体では億単位を下らない莫大(ばくだい)な損害額となる可能性がある。LIBORは2023年6月末まで続ける翌日物と1カ月、3カ月、6カ月、12カ月物のドルLIBORを除き、年末で公表停止となる。

  インディマックなど破綻した19金融機関の事実上の管財人であるFDICは、バークレイズのほか、スイスのUBSグループ、ドイツ銀行を含む欧州の金融機関の担当者が、ドルLIBORのレートを意図的に低く申告したと訴え、英国で訴訟を起こした。

  FDICの代理人の弁護士は裁判所に提出した文書で、700万ドルという数字について、「全体の賠償請求額に代わる」との認識を示した。LIBORのかつての管理者で、訴訟の被告でもある英国銀行協会 (BBA)は、FDICは損害額の算出方法を説明していないと反論した。

原題:How Much Did Libor-Rigging Cost? U.S. FDIC Finally Has an Answer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE