コンテンツにスキップする

クレディS資産運用再編、グリーンシル問題で-関連ファンド不履行も

  • インターナショナル・ウェルス・マネジメントから資産運用を分離へ
  • UBSで資産運用責任者を務めたウルリッヒ・ケルナー氏を起用

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

スイスの銀行クレディ・スイス・グループは18日、資産運用部門の責任者エリック・バーベル氏の更迭を発表した。

  4月1日付でインターナショナル・ウェルス・マネジメントから資産運用部門を分離し、ライバルのUBSグループで同部門の責任者を務めたベテランバンカー、ウルリッヒ・ケルナー氏を同日付で後任に充てる。トマス・ゴットシュタイン最高経営責任者(CEO)の直属となる。

  クレディ・スイスは資産運用部門が英金融ベンチャー、グリーンシル・キャピタルと運用していたサプライチェーンファイナンス(SCF)の4つのファンド(総額100億ドル=約1兆900億円)について、資産の一部のバリュエーションの懸念を理由に凍結し、閉鎖を決めた。

  同行はこの日、これらのファンドの「原資産の一部は期限に支払いが行われない見通し」であり、デフォルト(債務不履行)が想定され、訴訟に巻き込まれる恐れもあると明らかにした。

クレディS、グリーンシル関連ファンドでデフォルト想定-係争も

Credit Suisse Asia-Pacific CEO Eric Varvel Interview

エリック・バーベル氏

  クレディ・スイスによれば、SCFの投資家にこれまで約31億ドルを返還し、4つのファンドには合計でさらに12億5000万ドルの現金があるという。

  一方、執行委員会メンバーを含めグリーンシル関連の問題に関与した一部の上級幹部については、変動報酬の支払いと受給権を停止し、報酬委員会が調査結果に基づき、変動報酬へのクローバック(強制返還)条項適用を含む適切な対応を決定すると説明した。

クレディS、一部上級幹部のボーナス停止-グリーンシル巡り

            

原題:Credit Suisse Replaces Varvel, Halts Bonuses Amid Client FurorCredit Suisse Asset Management Head Steps Down as Units Split、Credit Suisse Suspends Some Senior Exec Bonuses on Greensill(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE