コンテンツにスキップする

日銀:4月以降国債買い入れ予定、レンジ形式でなく特定金額に(1)

更新日時

日本銀行は19日、当面の長期国債買い入れの運営について発表した。4月の買い入れオペについて、オペの金額レンジ形式ではなく特定の金額で示すとした。月間予定の発表は予定通り31日に発表するとした。月内の買い入れ予定については変更しないとしている。

  野村証券の中島武信チーフ金利ストラテジストは、「レンジ形式では金利が上がれば買い入れを増やし、金利が下がれば買い入れを減らすとの思惑を呼んだが、これからは市場を放置するという意思表示」との見方を示した。

  日銀は4月以降、「月間予定において、市場の動向を踏まえて種類別・残存期間区分別の買い入れ金額を公表し、当月中は、原則として、当該金額を買い入れる」としている。

  オペ運営方針の変更を受けて、長期国債先物6月物は夜間取引で一時150円79銭と、日中取引終値比19銭安となったが、すぐに151円ちょうど付近に戻している。

長期国債先物6月物の取引推移
(第2段落以降を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE