, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】パリ再び都市封鎖-フィリピンがロシア製ワクチン承認

更新日時
  • バイデン大統領、1億回のワクチン接種目標を6週間早く達成へ
  • ドイツ、フランス、イタリアはアストラ製ワクチンの接種再開へ

バイデン米大統領は政権発足後100日で1億回分の新型コロナウイルスワクチン接種を行うという自身が掲げた目標を、予定より6週間早く19日に達成するだろうと述べた。

バイデン大統領、1億回のワクチン接種目標を6週間早く達成へ (1)

  バイデン氏が目標としていた5月1日よりも前に16歳以上の全員をワクチン接種対象とすることを、メリーランドなどさらに多くの州が発表した。

  フィリピンはロシア製ワクチン「スプートニクV」の緊急使用を承認した。

  フランスのカステックス首相は、コロナ第3波の抑制に向けパリ地域をロックダウン(都市封鎖)すると表明した。生活必需品以外の店舗は営業が停止され、学校の授業は続ける方針。ロックダウン期間は19日深夜から4週間の予定。

  欧州医薬品庁(EMA)は英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンを「安全かつ有効」と結論づけ、使用する恩恵はリスクを上回るとの判断を示した。同ワクチンの接種後に血栓が生じた問題については、今後さらに調査していくと表明した。これを受けて、ドイツ、フランス、イタリアなどはアストラ製ワクチンの接種を再開すると発表した。

アストラ製ワクチン、EU当局は安全と結論-独仏伊など使用再開 (1)

  英国の医薬品・医療製品規制庁(MHRA)もアストラ製ワクチンの安全性について同様の見解を示した。ただ、接種後に血小板が減少し脳に血栓が生じたまれな事例が19歳から59歳の男性5人に見られ、1人は死亡したと明らかにし、専門家と共に関連性を調査しているとした。ジョンソン首相も19日に同社製ワクチンを接種する。

  米ニューヨーク州のコンサート会場の営業と野球の試合は4月1日から順次、観客数の制限付きで再開する。クオモ知事が記者会見で明らかにした。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学のデータによると、世界の感染者は1億2170万人を超え、死者数は268万人を上回った。ブルームバーグのワクチン・トラッカーによれば、世界のワクチン接種は計4億1000万回を超えた。

  デンマークは、制限措置を解除する日を当初予定の4月6日から3月22日に前倒しした。

  バイデン米政権はアストラ製ワクチン約400万回分を隣国のメキシコとカナダに送る計画だと、ホワイトハウスのサキ報道官が述べた。カナダ・オンタリオ州のフォード首相は米政府からのワクチン150万回分提供を知り、感謝の意を表した。

U.K. Chancellor of the Exchequer Rishi Sunak Presents Budget

ハンコック英保健相(ロンドンで、3月3日)

  デンマークの保健当局は、アストラゼネカのワクチン接種を受けた10人に血栓が生じ、うち1人が死亡したと発表文で明らかにした。調査は継続しており、ワクチンとの関連性については結論が出ていないとしている。

  英国のワクチン接種プログラムに初めて目立った支障が生じている。アストラゼネカ製ワクチンのインドからの輸送が遅れているほか、ワクチンの一部に再検査が必要になったことが原因。

英国でアストラ製ワクチン供給に遅れ、インド生産分が影響-関係者

  アストラ製ワクチン接種後に血栓が生じた例についてのノルウェーの調査で、医療関係者3人においては免疫反応が原因だった。調査を率いるオスロ大学病院の医師が明らかにした。

原題:U.S. Vaccine Milestone; Philippines Clears Sputnik: Virus Update(抜粋)

(フィリピンの情報などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE