コンテンツにスキップする

パウエルFRB議長、中央銀行デジタル通貨は現金との共存が必要

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、検討されている中央銀行デジタル通貨(CBDC)について、発行するのであれば現金や他のマネーの類いと同様に既存の決済システムへの融合が必要になるとの認識を示した。

  議長は18日、スイスのバーゼルで開かれた決済に関する会議向けのビデオメッセージで、「国際決済銀行(BIS)による最近の報告書とFRBを含む主要7カ国(G7)の中央銀行は、中銀が政策目標を達成する上でCBDCが支援要素となる可能性について精査した」と述べた。このビデオメッセージは事前に収録された。

  パウエル議長はまた、「きょうのトピックとの関連では、報告書の中で強調された3つの重要な原則の一つは、柔軟かつ革新的な決済システムにおいてCBDCが現金や他のマネーの類いと共存する必要があるということだ」と指摘した。  

原題:Powell Says Central Bank Digital Currency Must Coexist With Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE