コンテンツにスキップする

フィラデルフィア連銀製造業指数、3月は51.8-73年以来の高水準

3月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数は急伸し、1973年以来の高水準となった。受注と出荷が大きく改善。仕入れ価格は41年ぶりの水準に上昇した。

  3月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は、前月から28.7ポイント上昇の51.8。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値(23.3)を大きく上回った。同指数ではゼロが活動の拡大と縮小の境目を示す。

  仕入れ価格は75.9(前月54.4)に上昇。販売価格は前月から15.1ポイント上げて31.8となった。

Factory business conditions, prices in Philadelphia Fed region increase sharply

  受注と出荷、雇用者数の増加を報告した製造業者が増えた。新規受注の指数は統計でさかのぼれる1968年以降で2番目に高い水準。

  今回の調査には賃金に関する質問も含まれ、全体の約54%が高スキルの労働者不足に対応するため賃金を引き上げたと回答した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Philadelphia Fed Factory Gauge Sizzles Along With Price Gauge(抜粋)

(統計の詳細を加え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE