コンテンツにスキップする

英国でアストラ製ワクチン供給に遅れ、インド生産分が影響-関係者

  • 英国は3月下旬から4週間の供給カットに直面
  • インドやワクチン供給不足の国を優先するよう圧力-製薬パートナー

アストラゼネカ製新型コロナウイルスワクチンの供給が今月下旬から英国で削減されるのは、インドで生産される分の出荷遅延が影響している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  アストラの製薬パートナー企業の1社であるセラム・インスティチュート・オブ・インディアでの生産分が遅れているという。供給に関する情報が非公開だとして匿名を条件に同関係者が述べた。別の関係者によれば、供給の遅れはインド政府による英国へのワクチン輸出許可にも関連している。

  セラム・インスティテュートのアダール・プーナワラ最高経営責任者(CEO)は今週、同社がインドやワクチン供給不足の国を優先するよう圧力を受けていることを明らかにしていた。

  英国は3月下旬から4週間の供給カットに直面する。

原題:India Shipment of Astra Vaccine Said to Be Behind U.K. Delay (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE