, コンテンツにスキップする

アントとバンガードのロボアドバイザー合弁、中国ユーザー100万人に

米資産運用会社バンガード・グループと中国フィンテック企業アント・グループが出資するロボアドバイザー事業で、ユーザー数が100万人に達した。合弁を通じて中国事業の成功を目指す投資信託大手のバンガードにとって重要な一里塚となった。

  「投資を支援する」という意味の「帮你投」は、ユーザー数ベースで中国で最も人気のファンド投資助言サービスになったと会社側は説明。昨年4月のサービス開始以来、最低投資要件を800人民元(約1万3400円)としていることが投資家の関心呼び込みに寄与しているという。

  バンガードは今月、中国で単独で投信免許取得を目指す計画を撤回。アントとの合弁事業に経営資源をシフトし、中国投信市場でのシェア拡大を目指す。帮你投はユーザーのリスク選好や投資期間を考慮し、投信6000本から選択したポートフォリオを推奨している。

関連記事
米バンガード、中国事業で予想外の方針転換-投信免許取得目指さず

原題:Ant, Vanguard-Backed Robo Adviser Hits 1 Million Users in China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE