コンテンツにスキップする
Photographer: John Taggart/Bloomberg
cojp

SPACのアポロと投資会社ビスタ、合併交渉が中断-関係者

  • アポロの合併相手はソレラとディーラーソケット、オムニトラクス
  • ハイテク株の下落や株式市場全体のボラティリティーが背景にある

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

特別買収目的会社(SPAC)が絡む今年最大級の合併案件が暗礁に乗り上げている。ハイテク株の下落や株式市場全体のボラティリティーが背景にある。

  米プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社ビスタ・エクイティ・パートナーズの傘下にある3社とSPAC、アポロ・ストラテジック・グロース・キャピタルの150億ドル(約1兆6400億円)規模の合併に向けた交渉が中断した。事情に詳しい複数の関係者が情報の非公開を理由に匿名で語った。協議が再開されるかどうかやその時期は明らかではない。

  アポロの合併相手として交渉されているビスタ傘下の3社はソレラ・ホールディングスディーラーソケットオムニトラクスで、いずれも自動車業界にサービスを提供するテクノロジー企業。ハイテク株3000銘柄以上で構成されるナスダック総合指数は2月12日から4%下落しており、その間に週間ベースで3週連続の値下がりを記録した。年初来の騰落率はプラス4.9%。

  アポロとビスタの担当者はコメントを控えた。

原題:
Apollo SPAC, Vista Are Said to Halt $15 Billion Merger Talks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE