コンテンツにスキップする

豪失業率、2月は5.8%に改善-ワクチン接種開始や刺激策で回復加速

オーストラリアの失業率は2月に改善した。新型コロナウイルスのワクチン接種開始や財政・金融両面の刺激策を受けた景況感の向上で景気回復が加速し、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)前の水準近くに戻った。

  豪統計局が18日発表した2月の失業率は5.8%と、前月の6.3%(改定値)から低下。エコノミストの予想中央値は6.3%だった。

  2月の雇用者数は8万8700人増加。市場予想は3万人増だった。労働参加率は前月と変わらずの66.1%で、市場予想と一致した。

  統計を受け豪ドルは上昇し、シドニー時間午前11時44分(日本時間同9時44分)現在、1豪ドル=0.7823米ドル。

Strong job gains sees unemployment tumble

原題:Australia Unemployment Drops to 5.8% as Recovery Strengthens (1)、Australian Employment Rose 88,700 in Feb.; Estimate 30,000 Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE