, コンテンツにスキップする

モルガンS、富裕層にビットコイン・ファンドへのアクセス提供へ

  • 「積極的なリスク許容」と200万ドルの預託が条件-関係者
  • 仮想通貨の人気沸騰でもウォール街は総じて静観姿勢だった

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

モルガン・スタンレーは富裕層顧客に仮想通貨ビットコインの所有を可能にするファンド3本へのアクセスを提供する計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  3本のうち2本はギャラクシー・デジタルが運用、3本目はFSインベストメンツとNYDIGが管理するという。同関係者は未公表の情報だとして匿名を条件に話した。

  モルガン・スタンレーに200万ドル(約2億2000億円)以上を預託し、「積極的なリスクを許容できる」富裕層顧客だけが3本のファンドにアクセスできるという。この決定についてはCNBCが17日、伝えていた。

  ウォール街の金融機関は仮想通貨の人気が沸騰する中、総じて静観姿勢だった。ビットコインやイーサの先物は主要取引所で利用可能だが、6大銀行でこれまでに顧客にアクセスを提供した銀行はない。

ウォール街は仮想通貨をまだ静観、テスラ投資でビットコイン急騰

原題:
Morgan Stanley to Offer Rich Clients Access to Bitcoin Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE