コンテンツにスキップする

FRB議長、補完的レバレッジ比率で沈黙守る-緩和延長に言及せず

  • 「それについて数日中に発表することがあるだろう」とパウエル氏
  • 銀行がバランスシートの調整を迫られるような事態を市場は避けたい

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は17日、連邦公開市場委員会(FOMC)会合後の記者会見で、「補完的レバレッジ比率(SLR)」条件緩和の3月末の終了予定について、期限延長を求めるウォール街の金融機関の要請に応じるかどうか尋ねる質問に沈黙を守った。

  米国債市場の参加者は、SLR条件緩和の終了に伴い、大手金融機関がバランスシートの債券保有を減らす調整を迫られるような事態は避けたいと望んでおり、不安が高まっている。

  パウエル議長は質問に直接答えることは避け、「それについて数日中に発表することがあるだろう」と発言。それ以上の詳細には言及しなかった。

  米金融監督当局は昨年4月、金融機関保有の米国債と準備預金をSLRの算出から除外することを期間限定で認める方針を表明。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)の下で、金融機関は資本を積み増す必要に迫られることなく、米国債のポートフォリオを増やすことが可能になった。

どうなる補完的レバレッジ比率、米長期金利不安だけでない-QuickTake

  米債券市場の最近の大きな変動も、FRBなど金融当局の方針を巡る不透明感が一因ではないかと米国債ストラテジストらは指摘し、SLR条件緩和の期限延長に当局が応じない場合は、市場が反応すると予想する向きも少なくない。

原題:Powell Stays Silent on Extending Fed’s Bank Capital Relief (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE