, コンテンツにスキップする

東京五輪開閉会式の企画統括役が辞任、出演女性侮辱の式典演出で

更新日時
  • 橋本組織委会長が辞表受理、後任は早急に決定へ
  • 発言は不適切で大変遺憾、組織委はジェンダー平等掲げている-会長

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら


東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は18日、開閉会式で企画・演出を統括するクリエーティブディレクターの佐々木宏氏の辞任を発表した。佐々木氏は出演候補者だった女性タレントの容姿を侮辱するような演出を関係者に提案したとして謝罪し、辞意を表明していた。

  謝罪文によると、佐々木氏は昨年3月、五輪開会式の演出メンバーに宛てたLINEで、タレントの渡辺直美さんをブタに見立て、「オリンピッグ」とのダジャレで登場させる演出アイデアを提案した。スタッフから直ちに「あり得ない」「言うべきじゃない」などの批判を浴び、撤回・謝罪したという。

  都内で会見した橋本会長は、「佐々木氏の発言は不適切で、大変遺憾」と述べ、組織委がジェンダー平等を掲げていることから辞意を受け入れることにしたと説明した。後任人事については早急に進める。佐々木氏の演出案を巡る文春オンラインの報道を受け、橋本会長が17日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長に電話し、適切な対応をする旨を伝えた。

  佐々木氏は18日発表した謝罪文で、開会式のアイデアをLINEでやりとりし、「調子に乗って出したアイデア」だったと説明していた。さらに「普段は多様性、ジェンダー問題、容姿などをやゆして⼈を傷つけてはいけないと気を付けているつもりだった」とした上で、「それがとんでもない勘違いで、⾃分の意識の低さ、無神経さにあらためて気付いた」と述べた。

  東京五輪・パラリンピックの開閉会式を巡っては昨年12月、延期による大会コンセプトの見直しや簡素化を理由に、狂言師の野村萬斎氏を始めとする7人の演出企画チームで進めていた準備体制を白紙化。その1人だった佐々木氏(66)が新たに4式典の総合企画の統括役となっていた。

  大会組織委員会では、女性蔑視と取れる発言で2月に森喜朗前会長が引責辞任した。

(橋本会長の会見での発言などを追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE