コンテンツにスキップする

【新型コロナ】英のワクチン接種ペース鈍化も、EUとの対立深まる

更新日時
  • 加州のディズニーランド、4月30日再開-休園から1年余り
  • ブラジルの1日当たりの新規感染者、初めて9万人を突破

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

新型コロナウイルスワクチン供給を巡る英国と欧州連合(EU)との対立が深まる中、英政府は供給減のためワクチン接種のペース鈍化を余儀なくされる可能性があることを明らかにした。英国では成人人口のほぼ半数に当たる2500万人余りが少なくとも1回のワクチン接種を終えている。欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、ワクチン確保へ緊急時権限を行使する可能性があるとの考えを示した。

EU、ワクチン確保へ緊急時権限の活用も-フォンデアライエン委員長

  米疾病対策センター(CDC)は、社会的脆弱(ぜいじゃく)度を示す指標が高い郡のワクチン接種率は比較的低いとの報告書を発表した。

  米ウォルト・ディズニーは1年余り休園していたカリフォルニア州のテーマパーク2カ所を4月30日に再開する計画だ。新型コロナの影響から同社が持ち直す重要な一歩となる。

カリフォルニアのディズニーランド、4月30日再開-休園から1年余り

  ブラジルの1日当たりの新規感染者は初めて9万人を突破した。前日に続く過去最多更新となった。

  タンザニアのマグフリ大統領が心疾患のため死去した。61歳だった。同大統領のコロナ対策は批判を招いていた。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学のデータによると、世界の感染者数は1億2110万人を超え、死者数は267万人を上回った。ブルームバーグのワクチン・トラッカーによれば、世界のワクチン接種は計4億回を超えた。

  米ニューヨーク州のクオモ知事は、カジノや映画館、スポーツジムなどの午後11時以降の営業禁止措置を4月5日に解除すると発表した。ただしレストランについては当面継続するとした。

  世界保健機関(WHO)は、英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンを接種する恩恵はリスクを上回ると現時点では認識しているとして、使用の継続を勧告した。WHOの専門家グループが最新の安全性データを検証しており、それが終わり次第、結果を伝えると、WHOが17日の声明で発表した。

WHO、アストラ製ワクチンの恩恵はリスクを上回る-使用継続を (1)  

  米国は新規感染件数の減少とワクチン接種で進展があったが、変異ウイルスがこうした進展への脅威になっていると、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長が指摘した。

Anaheim Exteriors And Landmarks - 2021

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーのゲート前で写真撮影する人々(カリフォルニア州アナハイム、2月18日)

  バイデン米政権は、国産コロナワクチンを将来的に輸出する際に輸出先としてメキシコとカナダを優先する考えだと、計画を知る米当局者が明らかにした。ただ、バイデン氏と政権の当局者は米国民向けを十分備えてからでないと他国に回さない考えをこれまでに表明しており、輸出がいつ実現するかは明らかでない。

  米フォード・モーターは一部従業員に対し、パンデミック(世界的大流行)収束後も在宅勤務を続けることができると伝えた。3万人余りの社員が、オフィスは必要なときにだけ利用するという働き方を認められることになる。

フォード、3万人の従業員に在宅勤務を認める-新型コロナ収束後も

  欧州委員会は、ワクチン接種やコロナ罹患(りかん)・回復歴、最近の検査での陰性を証明するデジタル証明書の導入を提案した。証明書はEU域内や域外からの観光目的の渡航者に便宜を図ることを目的としている。

欧州委、新型コロナでデジタル証明書を提案-ワクチン接種や陰性証明

原題:EU Spat With U.K. Deepens; Tanzania President Dies: Virus Update(抜粋)、Astra Gets WHO Support; Disneyland Back in April: Virus Update(抜粋)、U.K. Faces Significant Cut in Vaccine Supply for Four Weeks (1)(抜粋)、Astra Gets WHO Support; EU Touts Emergency Powers: Virus Update

(英国やブラジルなどの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE