, コンテンツにスキップする

ドイツ経済、今年の成長率は3.1%に-経済諮問委が予測引き下げ

  • 来年は4%への加速見込む、個人消費や輸出需要が支え
  • 新型コロナの感染拡大が深刻な脅威と警告-諮問委

今年のドイツ経済は従来予想を下回る成長となり、新型コロナウイルスの感染再拡大が回復を損ねる恐れがある。同国政府の助言機関である経済諮問委員会が最新の経済予測を示した。

  17日発表された経済予測によれば、今年の経済成長率は3.1%と、昨年11月時点の3.7%から下方修正された。来年は4%に加速する見通し。個人消費の回復や輸出への強い需要が成長の加速を支えると見込む一方、新型コロナの感染拡大が深刻な脅威だと諮問委は警告した。

  諮問委のフォルカー・ウィーラント委員は電子メールの声明で「ドイツ経済にとって最大のリスクは新型コロナ感染の第3波が起きた場合に、製造業に対する制限措置や閉鎖につながる恐れがあることだ」と指摘した。

Resurgent Outbreak

Germany's coronavirus spread has accelerated in recent days

Source: Robert Koch Institute

原題:Merkel Advisers Cut German Growth Forecast, Warn on Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE