コンテンツにスキップする

循環株ローテーションは継続へ、利回り上昇でも-ゴールドマン

  • ゴールドマンの米成長見通しと市場が織り込む予想の間にギャップ
  • 循環的資産を『信じる』-金利上昇がこの見方を変えることはない

昨年11月に始まった循環株へのローテーションは、循環株の株価水準がすでに高値圏にあり、債券利回りがさらに上昇したとしてもまだ続くと、ゴールドマン・サックス・グループなどのストラテジストらは予想している。

  ゴールドマンのストラテジスト、ドミニク・ウィルソン、ビッキー・チャン両氏は16日のリポートで、1兆9000億ドル(約207兆円)規模のバイデン政権の経済対策パッケージが織り込まれた後では特に、ゴールドマンの米成長見通しと市場の予想との間にギャップが残っていると指摘。

  「資産市場に関する当社の中核的スタンスは、循環的資産を『信じ続けろ』だ」とし、金利上昇がこの見方を変えることはないだろうと付け加えた。循環資産の価格水準のさらなる上振れが近くある公算だとの見通しも示した。

  新型コロナウイルスワクチンの接種拡大に伴う世界経済回復の期待から循環株へのローテーションが起こり、エネルギー、金融、通信、工業株などが買われている。

Cyclical stocks have been outperforming markets in U.S. and Europe

  データトレック・リサーチの共同創業者、ニコラス・コーラス氏は、昨年11月以降の循環銘柄の買いは質の悪い企業への投資のようにも見えるとしながらも、「一部の循環型産業はパンデミック後に様変わりし、その結果として複数年のアウトパフォーマンスが可能になるかもしれない」と論じた。

  「水面下では多くのことが起こっている。当社はまだ循環株を選好している」と述べた。

原題:
Cyclical Stock Rotation Has Further Room to Run, Says Goldman(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE