, コンテンツにスキップする

ECBシュナーベル氏は力強い回復予想、今年4%成長も-レゼコー紙

  • EU加盟国の政府および金融政策支援で成長率は今年4%の可能性
  • 回復ペースを鈍らせる危険がない場合に限って金利上昇を容認

欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル理事は、17日付の仏経済紙レゼコーとのインタビューで、欧州連合(EU)の政府および金融政策の支援を受け、域内経済は公衆衛生の制限が解除されれば、今年7-12月(下期)に力強く回復するとの見通しを示した。

  シュナーベル理事はインタビューで、ユーロ圏の成長率が今年4%に達する可能性があり、 2022年4-6月(第2四半期)には新型コロナウイルス危機以前の水準に戻る見込みだと語った。

  金利上昇については、「われわれは回復ペースを鈍らせる危険がない場合に限って容認するだろう」と発言。ECBは欧州の金融市場を注視しているが、現在のバリュエーション(評価)は懸念していないと述べた。

原題:ECB’s Schnabel Says 2H Strong Economic Rebound Possible: Echos(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE