, コンテンツにスキップする

SPACに群がる富裕層狙え-シティが投資銀にPB部門売り込み指示

  • SPACブームで投資銀にファミリーオフィス顧客が増える
  • 投資銀とプライベートバンクは昨年共同事業立ち上げ

シティグループのディールメーカーたちは特別買収目的会社(SPAC)ブームに乗ろうとするファミリーオフィスへの手助けや助言の業務に追われているが、その忙しさをプライベートバンク部門にも分け与えることを期待されている。

  シティは今週、銀行、資本市場、助言を手掛ける部門に、プライベートバンクのサービスを顧客に売り込むよう指示した。同行は昨年、顧客とのつながりを深めることを目指して両部門の共同事業を立ち上げた。

  銀行、資本市場、助言部門を率いるタイラー・ディクソン、 マノロ・ファルコ両氏は、共同事業開始以降「プライベートバンク部門は多くの機会を当部門にもたらし、共同の成功につながっている。今後は逆方向にも機会を送り出し、協力関係を深めたい」と行員らに伝えた。ブルームバーグが内部文書を確認した。

  幸運なことに、シティのディールメーカーはSPACを巡りファミリーオフィスを顧客とした仕事が増えている。

  ディクソン氏は「SPACおよびその他の機関投資家向け商品に参入したいというファミリーオフィスやその他の洗練された富裕層投資家の意欲が高まっている」と指摘し、「当部門とプライベートバンクとの相乗効果を強化することは理にかなっている」と述べた。

  シティのプライベートバンクはすでに100カ国以上の1400のファミリーオフィスを顧客とし、世界の億万長者のほぼ4分の1にもサービスを提供している。

原題:
Citi Urges Dealmakers to Send More Business to Private Bankers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE