, コンテンツにスキップする

日本と豪州金融当局への市場圧力増す-YCCの先駆者

  • 日銀は長期金利の変動許容幅で一段の上下動を容認も-今週の会合で
  • 豪中銀はYCC対象の3年債の銘柄を変更するかどうかと時期が焦点

イールドカーブコントロール(YCC、長短金利操作)実践の先駆者である日本とオーストラリアの中央銀行は、それぞれの政策の将来を左右する決定を市場から迫られている。

  日銀は18、19日の金融政策決定会合後に金融緩和策の点検結果を公表する。YCC運営も検討対象となっており、ゼロ%を中心としている長期金利の変動許容幅について一段の上下動が容認される可能性がある。債券市場の機能改善や保険や年金などの投資家への副作用の軽減も目指している。

  一方、オーストラリア準備銀行(中央銀行)の立場はかなり異なる。ちょうど1年前に導入したYCCからの脱却時期を巡り市場と格闘している。中銀の姿勢の明確なサインとなるのがYCC目標の対象を2024年4月償還債から24年11月償還債に変更するかどうかとその時期だ。

  ウエストパック銀行のチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏は「信頼性と忍耐が全世界の中銀のキャッチフレーズになるだろう」とし、インフレと賃金の目標が何年にもわたって達成できなかった中銀には市場をおとなしくさせる用意があるのではないかと指摘した。

RBA and BOJ expand their balance sheets to keep borrowing costs in check

  両国は非常に異なる状況でYCCに行き着き、イールドカーブの中の異なる部分を対象とすることになった。これが、両中銀が現在直面する選択肢の背景となっている。

  デフレ入りと脱却を行き来する日本が16年にYCCの実験を開始した時点で、短期の利回りは長年にわたる超低金利政策と積極的な資産購入によって抑制されていた。日銀がYCCの対象を10年債利回りとしたのは合理的な選択だった。

  一方、豪中銀は昨年3月、政策金利が下限制約にぶつかる中で新型コロナウイルスの経済への影響を緩和する方法を探っていた時に採用を決め、3年債利回りを対象とした。

BOJ's mammoth balance sheet, rock-bottom rates and weak inflation

  日銀の政策点検の鍵を握るものとして、黒田東彦総裁をはじめ当局者のあらゆる発言が注目されている。豪中銀のロウ総裁らにも同様に目が向けられており、ケント総裁補佐の17日の講演と18日のウェビナーでの発言に市場の関心が集まる。

Aussie dollar stages rapid recovery while yen weakens
関連記事
黒田日銀総裁、現在はイールドカーブ全体の低位安定が大事 (1)
豪中銀は財政テーパリングの影響注視、力強く経済回復-議事要旨 (1)

原題:
Investors Pile Pressure on Yield Curve Pioneers Japan, Australia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE