, コンテンツにスキップする

ゴールドマンの対中資金投入、昨年は米金融機関の中で目立つ

  • ゴールドマンの中国「クロスカレンシー残高」は20年に33%増加
  • 中国金融市場は魅力的-不透明な規制環境や政治情勢悪化が懸念材料

ゴールドマン・サックス・グループによる中国への新規資金投入は昨年、米金融機関の中でも目立った。世界2位の経済大国である中国が50兆ドル(約5457兆円)規模の金融市場をさらに開放する中で、政治問題も阻害要因にはならなかったようだ。

  年次の届け出によると、ゴールドマンの中国での「クロスカレンシー残高」は昨年、175億ドルと33%増えた。現金ならびに企業や政府系団体へのファイナンスなどが幅広く対象となっている。シティグループJPモルガン・チェースバンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレーも合わせた米5大金融機関のエクスポージャーは計778億ドルと、2019年から10%増加した。

  中国市場は投資銀行やウェルスマネジメントなどの分野で世界の金融大手を強く引き寄せるが、進出する金融機関は不透明な規制環境に加え、この数年で悪化した政治情勢にも直面している。バイデン政権下での大幅改善も見込みにくい。

  欧州の銀行も投資拡大に積極的。HSBCホールディングスはアジアへの傾斜をさらに強めており、中国を含む同地域で少なくとも60億ドルを投じる計画だ。

China Opportunity

Citi and JPMorgan have largest exposures to China among Wall Street peers

Source: Corporate filings

NOTE: Goldman Sachs figure refers to ``cross border oustandings'' which includes cash, receivables, collateralized agreements and cash financial instruments but excludes derivative instruments. *Exposure as of Dec 2020 for all banks, except Citi which is as of Q4 2020

原題:Goldman, Citigroup Lead U.S. Banks Plowing Billions Into China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE