コンテンツにスキップする

エバコア、若手バンカー夏までに復帰望む-アポロも週2日在宅試行へ

  • 「一部トレイニーを少なくとも今夏に部分的にオフィスに戻せれば」
  • アポロは週2日リモート勤務できる選択肢を試験的に社員に与える

米投資銀行エバコアのラルフ・シュロースタイン共同最高経営責任者(CEO)は16日、ある程度の柔軟性は今後も保つ予定だが、できるだけ早期にスタッフをオフィスに復帰させることを目指していると語った。

  一方、アポロ・グローバル・マネジメントは、年末まで週2日リモート勤務できる選択肢を社員に与えるハイブリッド勤務モデルを試行する方針だ。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。新型コロナウイルスワクチンがより広く接種可能になるタイミングを見ながら開始時期を判断するという。

  エバコアのシュロースタイン氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「一緒にオフィスに戻ることが、まさにわれわれの目標だが、研修中のトレイニーの一部を少なくとも今夏に部分的にオフィスに戻せればいいと考えている」と発言した。

  同氏はその上で、「可能になり次第ワクチンを接種するよう全員に推奨している。だが、宗教上の信仰や信念から接種をためらう人々も一定の割合で存在し、強制は難しい」と述べた。

  合併・買収(M&A)アドバイザリー業務大手のJPモルガン・チェースゴールドマン・サックス・グループなどウォール街の上位金融機関は、スタッフをオフィスに復帰させる方向で動いており、JPモルガンは夏季インターン数百人を主要都市のオフィスで勤務させる計画だ。

JPモルガン、夏季インターンをニューヨークとロンドンで受け入れ

  エバコアもM&Aアドバイザリー業務で世界トップ10にランクされており、現在のディールメーキング市場の活況を利益につなげたい考えだ。

原題:Evercore Co-CEO Wants Young Bankers Back in the Office by SummerApollo to Test Partial Remote Work After Vaccinations Increase(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE