コンテンツにスキップする

ゲームストップ2営業日で1カ月ぶり大幅安-グロース氏空売りで利益

  • グロース氏は250ドルと300ドルのコールオプションを引き続き売る
  • 「オプションの買い手ではなく売り手にとって今は絶好の機会」

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

世界有数の債券ファンド運営会社パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の創業者で債券王として知られるビル・グロース氏は16日、ビデオゲーム販売の米ゲームストップへの空売りで約1000万ドル(約10億9000万円)のもうけを出したことを明らかにした。

  ゲームストップの株価は16日の米株市場の取引で続落し、5.4%安の208.17ドルで終了した。2営業日では過去1カ月余り見られなかった大幅な下落率となり、ネットの情報拡散に個人投資家が呼応する他の「ミーム銘柄」も大きく値下がりした。

  映画館チェーンのAMCエンターテインメント・ホールディングスは7.3%安、ヘッドホンなどAV(音響・映像)製品メーカーのコスも7.6%安で取引を終えた。

  グロース氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「私はロビンフッドのうまいトレーダーと同じようにオプションで参入したらしい。250ドルと300ドルのコールオプション(買う権利)を引き続き売っている。オプションの買い手ではなく、売り手にとって今は絶好の機会だと思う」と発言した。

GameStop remains up roughly 1,000% this year despite bouts of volatility

原題:Bill Gross Says He Made $10 Million Betting Against GameStopGameStop Slides Again Amid Wild Ride for Retail Traders (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE