コンテンツにスキップする

FOMCは行動迫られる、インフレで-ブリッジウォーター共同CIO

  • 刺激策によってあおられた物価上昇圧力を妨げるものはほとんどない
  • FOMC、2023年まで利上げ回数ゼロとの予測あらためて示す見通し

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

新たなインフレの波が迫っており、米金融当局は計画よりも早期に利上げを強いられる可能性があると、世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツのグレッグ・ジェンセン共同最高投資責任者(CIO)は指摘した。

  ジェンセン氏はインタビューで、財政刺激策に対するバイデン米政権の「極端な」アプローチは消費者物価の伸びを加速させる見通しで、新型コロナ危機後の債券と株式の上昇を脅かしていると述べた。

The Davos World Economic Forum 2015

グレッグ・ジェンセン氏

  「インフレを織り込む市場の動きは、今起きていることへの過剰反応ではなく、実際には大きな長期的変化の始まりだ」とジェンセン氏は説明。「経済状況やインフレは、市場や米金融当局が予想しているよりも速いペースで調整する」と話した。

  市場のインフレ期待は12年ぶり高水準付近に急上昇したが、米金融当局は経済が活気を帯びることに対する辛抱強さを示唆しており、今後2年間は利上げを実施しないと予測している。16、17両日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合後に、政策当局者はこのスタンスをあらためて表明すると見込まれている。

ダリオ氏「債券投資は今や愚か」-衝撃的な資本移動禁止あり得る (1)

Inflation expectations have surged to a 12-year high

原題:
Bridgewater Co-CIO Sees Inflation Spiral Forcing Fed Into Action(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE