コンテンツにスキップする

米小売売上高:2月は前月比3%減、寒波が影響-前月は上方修正

更新日時

2月の米小売売上高は前月比で減少した。米国の大部分が厳しい寒波に襲われたことによる一時的な落ち込みの可能性があり、需要は今後数カ月に加速する見通しだ。

キーポイント
  • 小売売上高は前月比3%減少
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は0.5%減
    • 前月は7.6%増(速報値5.3%増)に上方修正
      • 7カ月ぶり大幅増

Cutting Back

U.S. retail sales fell more than expected in February as bad weather trimmed demand

Source: U.S. Commerce Department

  2月は全米が寒波に見舞われ、テキサスなどグレートプレーンズ諸州では停電が発生し、小売業活動が妨げられた。ただ、全体の小売売上高は新型コロナウイルス流行以前の水準を引き続き大きく上回っており、連邦政府による個人向けの新たな直接給付が実施されるのに伴い、第2四半期(4-6月)にはさらに拡大する見通しだ。

  2月は主要13分野のうち、11分野で減少。自動車ディーラーでは4.2%落ち込んだ。

  テキサスでのエネルギー危機を一因に、ガソリン価格が急上昇したことから、小売売上高の減少幅は抑制された格好だ。ガソリンスタンドの売上高は3.6%上昇した。小売売上高のデータはインフレ調整していない。

  自動車を除いたベースの小売売上高は2.7%減と、昨年4月以来の大幅なマイナス。

  飲食店と自動車ディーラー、建材店、ガソリンスタンドを除いたコア売上高は3.5%減。前月は8.7%増(速報値6%増)に上方修正された。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Retail Sales Declined in February as Weather Impeded Demand(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE