コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、トレーディング収入急増-グリーンシルで損失も

  • 証券部門の1-2月収入は前年同期の1.5倍余り
  • グリーンシル・キャピタルへの融資の一部しか回収できていない

クレディ・スイス・グループは今年の証券事業が好スタートを切ったことを明らかにすると同時に、3月のグリーンシル・キャピタル破綻に伴う損失の可能性について警告した。

  16日の発表によると、証券部門の1-2月収入は前年同期の1.5倍余りとなり、税引き前利益はここ10年で最も良かった。

  ただ、英金融サービス会社のグリーンシルが破産申請する前に貸し付けた資金について損失計上が必要になり得るとし、資金の一部しか回収できていないと説明した。 

SWITZERLAND-BANKING-EARNINGS

トマス・ゴットシュタイン最高経営責任者(CEO)

  クレディ・スイスによると、昨年終盤にグリーンシル貸し付けた1億4000万ドル(約153億円)のうち5000万ドルを最近回収した。

  また、グリーンシルと共に運用していた4本のファンドを凍結し清算を開始しているが、これまでのところ約31億ドルを投資家に返還した。今後数カ月内に追加の資金を返還する見込みだという。

ドイツ銀、クレディ・スイスのファンドの売却仲介-関係者

原題:Credit Suisse Flags Trading Surge, Warns of Greensill Hit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE