コンテンツにスキップする
Photographer: LOU BENOIST/AFP
cojp

中国経済、今年は10年ぶり高成長か-UBSが9%に見通し引き上げ

中国経済は今年、当初の想定を上回る高成長になるとの見通しをUBSグループが16日示した。国内経済の力強い回復に加え、米国の経済対策が中国の輸出を後押しするとしている。

  UBSの汪涛氏らエコノミストはリポートで、2021年の国内総生産(GDP)成長率を9%と予想。そうなれば10年ぶりの高成長で、経済規模の米中逆転が早まる可能性もある。これまでは8.2%と見込んでいた。

Even Stronger Rebound

U.S. stimulus forecast to push up China's exports and growth

Source: National Bureau of Statistics, General Administration of Customs, UBS AG

  「インフラ・不動産投資が鈍化したとしても、国内消費が実質で10%回復するとみており、輸出拡大と共に、企業の設備投資支援に寄与するはずだ」としている。

中国の景気回復、なおまだら模様-1~2月に大幅なプラスでも

  1-3月のGDPは、中国が新型コロナウイルス封じ込めのロックダウン(都市封鎖)を行った前年同期に比べ19%余り増えると予想した。

原題:UBS Raises China GDP Call to 9% as Biden Stimulus Drives Exports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE