コンテンツにスキップする

菅首相、新型コロナワクチンを接種-4月の日米首脳会談へ準備

菅義偉首相は16日、新型コロナウイルスワクチンを都内の医療機関で接種した。4月上旬のバイデン米大統領との会談に向け、訪米する代表団全員が接種する。

  1回目の接種を終えた菅首相は「そんなに痛くもなく、スムーズに終えることができた」と記者団に語った。ワクチンは感染症対策として「極めて重要なものだ」とした上で、「多くの国民に一日も早くお届けしなければならない」と強調した。

  菅首相が接種したのはファイザーのワクチンで、訪米までに2回目の接種を終える。欧州連合(EU)主要国が英アストラゼネカ製のワクチンの使用を中断したことについては、「まずは情報をしっかり集め、整理した上で判断する」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE