コンテンツにスキップする

ドイツ銀に思わぬ恩恵、SPACは得意分野-IPO助言も10位に復帰

  • 流行のずっと前からSPACビジネスをかなりの規模で手掛けていた
  • SPACが今後数年の業績好転を支える「大きな柱」になる可能性

ドイツ銀行は2019年に株式チームを縮小したが、過去数四半期はリーグテーブルの順位を上げ、今では新規株式公開(IPO)アドバイザリー業務で世界10位に復帰した。「ブランクチェック・カンパニー」と呼ばれる特別買収目的会社(SPAC)のIPO案件が成功に大きく貢献した。

  ドイツ銀は、バンク・オブ・アメリカ(BofA)やJPモルガン・チェースといったウォール街の大手銀よりも多くのSPAC関連ディールをものにしている。

  ドイツ銀はSPACが流行するずっと前から関連ビジネスをかなりの規模で手掛けていた数少ない大手の一つであり、現在の熱狂から利益が得られる優位な立場にあった。多くの資本を費やさないという意味でも、同行にとってSPACブームは「特に大きなチャンス」であり、収益力を高める重要なけん引役になり得るとバークレイズは指摘する。

  バークレイズのアナリスト、アミット・ゴエル氏は、ドイツ銀のエクイティーキャピタルマーケッツ(ECM)部門について、リストラ後に「はるかに大きな圧力」にさらされると予想されていたが、実際には「SPACブームから力強い恩恵を受けている」と分析。SPACが今後数年の業績好転を支える「大きな柱」になる可能性があると予測した。

  事情に詳しい関係者によれば、ドイツ銀は米国のECMチームの人員を19年に約40%減らした。SPACのIPOは長くかかる投資家向けのロードショー(説明会)が必要なく、リサーチアナリストの大きなチームがいなくても構わないという点で、同行にとってうってつけだ。

  ブルームバーグの集計データによれば、ドイツ銀はSPACアレンジャーのランキングで昨年の世界8位から今年は5位に躍進した。同行の担当者はコメントを控えている。

Global IPO Rankings

Deutsche Bank benefits from flurry of blank-check listings

Source: Bloomberg

“Ranking Boost” compares current position on IPO league table to ranking if blank-check companies weren’t counted. Last column measures percentage of league table credit coming from SPACs.

Blank-Check Bonanza

Deal volumes skyrocket as investors clamor to get into SPACs

Source: Bloomberg

原題:Deutsche Bank Rides SPAC Boom to Make League Table Comeback(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE