, コンテンツにスキップする

ドイツ銀、クレディ・スイスのファンドの売却仲介-関係者

ドイツ銀行は、クレディ・スイス・グループのサプライチェーンファンドを保有し、保有分の売却を図る投資家のためにブローカーの役割を務めている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、ドイツ銀は買い手側の関心を探るためにヘッジファンドや投資会社と接触した。売却を望んでいる投資家の数や売却価格は不明。

  ドイツ銀とクリーンシル・キャピタルとクレディ・スイスはコメントを控えた。

  グリーンシルがパッケージ化した債権の一部の保証契約が期限切れとなった後、クレディ・スイスは100億ドル(約1兆900億円)相当の複数のファンドの清算を開始した。ファンドの資産のほぼ3分の1を占めていた現金は投資家に返還するが、残りの資産について選択肢を検討中だとクレディ・スイスが3日に説明していた。

  ファンドは、サンジーブ・グプタ氏が所有する金属会社GFGアライアンスの債権を多く保有している。

原題:Deutsche Bank Markets Stakes in Credit Suisse’s Greensill Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE