, コンテンツにスキップする

ゲームストップ株が大幅反落-米経済対策が購入促すとの期待後退

  • ゲームストップは16.8%安と2月4日以来の大幅な下げ
  • 同社株はこのところ反発、他のレディット銘柄も上げていた

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

15日の米株式市場で、ビデオゲーム販売のゲームストップが2月4日以来の大幅下落となった。米経済対策が株購入を促すのではないかとの期待が後退した。

  ゲームストップの株価はニューヨーク時間午前11時15分(日本時間16日午前0時15分)ごろに急落し、マイナス圏に入った。このところ、同社の株価反発を受け、同じくオンライン掲示板サービスのレディットに集まる個人投資家に人気が高いオーディオ製品メーカーのコスやワイヤレスソリューションを手掛けるブラックベリーの株価も上げていた。

  株価終値はゲームストップが16.8%安の220.14ドル、コスが3.7%高の28.90ドル、ブラックベリーが1.4%安の11.68ドル。

GameStop quickly slumped as volatility remains high

原題:
GameStop Roller-Coaster Hits Bump as Trading Volume Dries Up (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE