, コンテンツにスキップする

アストラ製ワクチン、EU主要国が使用中断-血栓を懸念

更新日時
  • EU当局、恩恵がリスクを依然上回るとあらためて呼び掛け
  • 進まないEUのワクチン接種がいっそう遅れることになる

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ドイツやフランスなど欧州連合(EU)主要国は英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの使用を中断した。進まないEUのワクチン接種がいっそう遅れるとの懸念が生じている。

  欧州医薬品庁(EMA)は同ワクチンへの支持を繰り返しているが、接種後に深刻な血栓が生じる事例が複数報告されているのを受け、EU各国政府が配布を停止した。

  報告について調査が完了するまでは接種を継続するとしていた一部の国は、姿勢を転換させた。イタリアとスペインもアストラゼネカ製ワクチンの接種を中断。これら4カ国は保健当局者による緊急会議後に、使用停止を明らかにした。

  EU保健担当相は16日にビデオ会議を開く予定。15日の発表文によると、ドイツは接種中断の理由として過去数日間に深刻な血栓症の事例が追加で複数報告されたことを挙げた。

relates to アストラ製ワクチン、EU主要国が使用中断-血栓を懸念

  欧州各国はワクチン問題の解決と同時に感染拡大への対応にも追われており、一部では活動の再制限を余儀なくされている。イタリアは15日から過半の地域が再びロックダウン(都市封鎖)となった。

  EMAは、アストラゼネカ製ワクチンの恩恵は引き続きリスクを上回ると指摘。同社のほか、同ワクチンの接種で先行していた英国の医薬品規制当局を含む各国の保健当局者と緊密に連携していると説明した。

  EMAはこれまで、血栓の事例について調査期間中は接種を続けるべきだとし、このワクチンを接種した約500万人のうち血栓の問題が生じたのは30人だけだと指摘していた。発表文によると、EMAの安全性委員会が16日に情報を再度検証する予定で、追加的な措置が必要な場合に備え18日に臨時会議を招集した。

  使用停止についてのアストラの担当者にコメントを求めたが、今のところ返答はない。

Astra Issue

Countries across Europe have suspended use of the shot

Source: Bloomberg

関連記事
【新型コロナ】独仏伊もアストラ製ワクチン停止、米国感染ペース鈍化
アストラゼネカのワクチン、EU域内で使用停止広がる-副反応受け

原題:Germany, France Halt Astra Shot That EU Regulator Declares Safe(抜粋)

(情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE