, コンテンツにスキップする

中国テンセント株、続落-フィンテック事業評価額に迫る時価総額失う

  • 15日の香港市場で一時4%を超える値下がり
  • フィンテックの評価額、ほとんどゼロとの主張可能-バーンスタイン

中国のインターネット大手、テンセント・ホールディングス(騰訊)の株価が15日の香港株式市場で続落。中国当局が同社にも照準を合わせ規制強化を進めていることが明らかになり、2営業日で時価総額は620億ドル(約6兆7600億円)程度縮小した。証券会社の1社はテンセントのオンラインファイナンス事業の価値をほぼゼロと見なす下落だと指摘した。

  テンセントの株価は一時4%を超える下げとなり、3.5%安で引けた。12日は4.4%安で引けていた。事情に詳しい関係者は、中国の金融当局はアント・グループに対する締め付けに続き、テンセントを監督強化の次の標的と見なしていると述べていた。

テンセントにも照準、フィンテックや投資で監督強化狙う中国-関係者

Tencent's market cap has dropped since nearing $1 trillion

  バーンスタインのロビン・チュウ氏らアナリストは、テンセントの決済・フィンテック事業は1050億-1200億ドルの価値があると推計。そのうち約700億-800億ドルが決済事業で、クレジットとウェルスマネジメント、保険が残りの350億-400億ドルだと分析していた。

  バーンスタインのアナリストらは調査リポートで12日のテンセント株急落について、「テンセントのフィンテック事業は今や評価額がほとんどゼロだとの主張も可能だと考えている」とし、この水準からのさらなる下落は、テンセントの収益見通しの前提が崩れたことを本質的に示唆するとの見方を示した。

原題:Tencent Loses $62 Billion, Wiping Out Value of Fintech Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE