, コンテンツにスキップする

USスチール、1-3月期の利益見通し引き上げ-鉄鋼価格上昇受け

  • EBITDAは約5.4億ドル、市場予想の約5.22億ドル上回る見通し
  • 調整後1株利益見通しを61セントから1.02ドルに修正

米鉄鋼メーカー、USスチールは1-3月(第1四半期)について新たに強気のガイダンスを示し、「力強い市場環境」に伴い利益が改善するとの見通しを明らかにした。

  同社は調整後EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)が約5億4000万ドル(約589億円)と、アナリスト予想平均の5億2210万ドルを上回るとみている。調整後1株利益見通しについては、12日に61セントと発表後、14日の資料では1.02ドルに修正した。

  デービッド・ブリット最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「力強い市場環境と時宜を得たビッグ・リバー・スチール買収により、大幅な利益押し上げが可能になる」と指摘した。

  発表資料によると、EBITDA見通しはビッグ・リバー・スチールの未保有株取得による影響を除外している。USスチールは鉄鋼価格上昇が顧客に浸透する中、圧延鋼部門のEBITDAは昨年10-12月(第4四半期)を「大幅に」上回ると予想。さらに、ゲーリー製鉄所の第4高炉の再稼働で作業効率が向上したと明らかにした。

  広報担当のメーガン・コックス氏は14日の調整後1株利益の変更について、「小さな誤りがあり、15日の取引開始前に修正したかった」と説明した。

原題:
U.S. Steel Boosts First-Quarter Profit Outlook on Price Rise (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE