, コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は反落、週間では4カ月ぶり大幅高-国債は下落

12日の欧州株は反落。前日はほぼ1年ぶりの高値を付けていた。米国債利回りの上昇でリスク資産を手放す動きが加速し、週間の上げ幅を縮小した。

  ストックス欧州600指数は0.3%下落。米ナスダック100指数の下落に連れてテクノロジー株が大きく売られたほか、公益などのディフェンシブセクターや金利敏感株も下落した。オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングとドイツの企業向けソフトウエア会社SAPの下げが大きかった。シクリカル銘柄や割安なバリュー株へのシフトは継続し、銀行株は上昇した。

  ストックス600指数は週間で3.5%上昇し、4カ月ぶりの高い上昇率を記録した。全般的な国債利回りを巡る警戒感からこの日は下げたものの、過去最高値まで依然約2.5%以内にある。バンク・オブ・アメリカ(BofA)がEPFRグローバルのデータを引用してまとめたリポートによると、10日までの1週間に欧州株式ファンドには3800万ドル(約41億4500万円)が流入した。

Stoxx 600 is yet to fully recoup its losses from the pandemic

  欧州債は長期債を中心に下落。ただ、欧州中央銀行(ECB)が国債購入ペースを加速させると表明していることもあり、米国債にはアウトパフォームした。

  来週はフランスがシンジケート団を通じて期間20年のグリーンボンド発行を予定するなど、供給は増える見通し。

主要国債の利回り 
ドイツ10年債利回りは4bp上昇のマイナス0.30%
イタリア10年債利回りは4bp上昇の0.64%
フランス10年債利回りは4bp上昇のマイナス0.05%
英10年債利回りは9bp上げて0.83%

ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)

原題:
European Stocks Trim Best Week Since November on Rising Yields(抜粋)

European Bonds Follow Treasuries Lower; End of Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE