, コンテンツにスキップする

テスラ株が下落-加州フリーモント工場で11日に火災、けが人なし

12日の米株式市場で米電気自動車(EV)メーカー、テスラ下落し、一時は前日比4.8%安となった。前日にカリフォルニア州フリーモントにある同社工場の工事中の区域で、火災が発生していた。

  金属プレス機械に引火したが、地元消防隊の消火活動により現地時間11日午後7時までに火災はほぼ鎮まった。消防署のツイートによると、消防隊が去った後はテスラの火災対応チームが状況監視を担当した。

  フリーモント消防署とテスラに最新情報を要請したが、現地時間12日朝方の段階で返答は得られていない。

  地元消防当局のインスタグラム投稿によれば、溶融アルミニウムと油圧油が出火原因と特定された。けが人の報告はない。

  同工場は先月、サプライチェーンの問題により一部の生産が一時的に停止した。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「部品供給の問題に見舞われているため、この機会を利用して、フリーモント工場の生産を数日間停止し、設備の改修と整備を行った」と従業員宛ての電子メールで説明していた。

マスク氏、サプライチェーンの問題と説明-テスラの生産一時停止で

原題:Tesla Shares Drop After Fire at EV Maker’s California Plant (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE