, コンテンツにスキップする

香港のジムで新型コロナのクラスター、駐在員らに影響-数百人が隔離

  • スポーツジムを訪れた240人余りが政府施設で隔離
  • 複数のインターナショナルスクールが消毒のため閉鎖

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

香港ではスポーツジムに関連した新型コロナウイルス感染が拡大し、ビジネス界や海外からの駐在員コミュニティーに懸念が広がっている。このクラスターの影響で、数百人が最長14日間の隔離のため政府施設に収容された。

  クラスターは昨年11月に発生したダンスホール関連の流行などよりも小規模だが、国際的な金融機関で働き子供をインターナショナルスクールに通わせる主に欧米からの駐在員コミュニティーを巻き込んだ。

  一部の銀行や企業はスタッフに出社しないよう勧告。従業員1人が検査で陽性の暫定結果が出たHSBCホールディングスは、徹底消毒のため主要建物の1フロアから従業員を退去させた。スタッフ宛て文書で分かった。追って通知があるまで、必須の人員以外はオフィス勤務を控えるよう呼び掛けている。ゴールドマン・サックス・グループの香港在勤広報担当によると、同行は従業員の5割を在宅勤務とする方針に戻すという。

Virus Threat

The Ursus cluster is smaller than one linked to dance clubs last year

Source: Hong Kong government data as of March 11

Note: Officials reported more than 30 preliminary cases related to Ursus

  今回のクラスターは、駐在員に人気のある香港島の西営盤にあるスポーツジムに勤務する27歳のトレーナーに関係するもので、少なくとも17人の感染がジムのスタッフと利用者から確認された。3月1日から9日に240人余りがこのジムを訪れており、政府施設での隔離を余儀なくされている。

  複数のインターナショナルスクールも、ジムのクラスターに関係したスタッフの陽性結果を受け、消毒のため閉鎖された。先月再開されたばかりの対面授業を停止した学校もある。

原題:
Hong Kong Outbreak Engulfs Expats With Hundreds Quarantined (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE