コンテンツにスキップする

イエレン米財務長官、個人給付を今週末から支給開始へ

  • 追加経済対策は「適切な規模」-NBCとのインタビューで発言
  • 新型コロナワクチン接種のための支援を急ぐ考えも表明

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

イエレン米財務長官は11日、1兆9000億ドル(約206兆円)規模の追加経済対策法の成立を受け、1人当たり1400ドル(約15万円)の直接給付金が今週末から銀行口座に支給され始めると述べた。

  イエレン氏はNBCニュースとのインタビューで、「真っ先に直接給付金を支給するため懸命に取り組んでいる」と発言。また、新型コロナウイルスワクチン接種サポートの支援を急ぐ考えも表明した。

Vice President Kamala Harris And Treasury Secretary Janet Yellen Hosts Virtual Roundtable With Local Black Chambers of Commerce

イエレン財務長官

  イエレン氏は「人々が長期にわたる失業で傷ついたり、子供たちが学校に行けないために労働市場から退出したりする状況は望ましくない。経済を元に戻して正常化させたい」とコメント。追加経済対策の規模については「度を超えたとは考えない。適切な規模だと思う」と語った。

関連記事

原題:Yellen Says Americans to Start Seeing Payments This Weekend (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE