コンテンツにスキップする

米NY州議会、クオモ知事の弾劾調査に着手へ-セクハラ疑惑巡り

  • 「知事に関する疑惑の報告は深刻」-ヘイスティ下院議長
  • 司法委に証人尋問や召喚状など幅広い権限を付与へ

民主党が多数派の米ニューヨーク州議会が、クオモ知事のセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)疑惑について、知事の弾劾につながり得る調査に乗り出すことになった。カール・ヘイスティ下院議長が11日発表した。

  ヘイスティ議長は、複数の女性が知事から不適切な行為を受けたとされる疑惑を巡り、幅広い調査権限を与えられる司法委員会が「弾劾調査」に着手することを明らかにした。

  同議長は発表文で、「知事に関する疑惑の報告は深刻だ」と指摘。「ニューヨーク州憲法に基づき、委員会は証人尋問や召喚状による文書提出の要請、証拠の検証などで権限を有することになる」と述べた。

  クオモ知事(63)のセクハラ疑惑では、既にジェームズ州司法長官に指名された外部専門家が調べている。これまでに6人の女性が知事からセクハラを受けたと主張している。

セクハラ疑惑のクオモNY州知事、コロナ非常権限剝奪へ-法案可決

原題:
New York Assembly Opens Impeachment Probe Into Cuomo’s Conduct(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE