, コンテンツにスキップする

米ジャンク債ファンドから大規模資金流出-利回り上昇・リターン低下

  • 10日までの週には53億3000万ドルがリテールファンドから流出
  • ジャンク債ETFからの流出額は9日までの週に38億6000万ドル

米国のジャンク債ファンドから、昨年7月以来で最大規模の資金が流出した。利回り上昇とリターン低下で投資家が他の投資資産に目を向けた。

債券市場のローテーション、固定から変動金利へ-CLOに資金流入

  リフィニティブ・リッパーによると、10日までの週には53億3000万ドル(約5800億円)がリテールファンドから流出した。ブルームバーグのデータによれば、これは昨年7月1日までの週の55億5000万ドル以来で最大。

  リフィニティブ・リッパーによると、3日までの週は流入だったがその前の3週間は純流出だった。

  発行市場での需要は依然強いが、社債への懸念が強まるに伴い市場は軟調となっている。リターンの指数が最近、5営業日連続で低下したほか平均利回りは今週に入って3カ月ぶり高水準に近づいた。

  米上場投資信託(ETF)市場でも、社債に投資するファンドから資金が流出している。ジャンク債ファンドからは9日までの週に38億6000万ドルが流出した。

原題:
U.S. High-Yield Funds See Biggest Cash Outflow Since July (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE