コンテンツにスキップする

アストラのEU向けワクチン出荷、4-6月は計画の半分未満の見通し

  • 当初計画の1億8000万回分に対し約7600万回分に-データを基に推計
  • EUはファイザーとビオンテックのワクチンを中心に確保

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

アストラゼネカが4-6月(第2四半期)に欧州連合(EU)に出荷する新型コロナウイルスワクチンは、計画の半分未満にとどまる見通しだ。

  ブルームバーグはEU加盟国1カ国向けの出荷予測に関するデータを確認。それによると、アストラゼネカは6月までの3カ月について、当初計画の1億8000万回分に対し約7600万回分をEUに納品する見通しだ。欧州委員会の配分方法に基づき、1カ国の数値からEU全体の水準を推計した。

  アストラゼネカは先月、供給不足を一部補うため米国での生産分を含め世界的な供給網の活用を検討すると明らかにしていた。ただ、この取り組みはワクチン確保のための保護主義が各国でますます強まっているために奏功していないと、関係者が供給に関する詳細は非公開だとして匿名で語った。アストラゼネカの担当者はコメントを控えた。欧州委の報道官にコメントを要請したが、返答は得られていない。

EU、コロナワクチンの供給さらに遅延も-各国政府が対応を準備

European Vaccine Supplies

The EU is due to receive a billion doses by the end of September

Source: Data is based on delivery projections for one member state seen by Bloomberg. The national figures were extrapolated to the EU level based on that country's share of deliveries received so far

  スウェーデンでワクチン担当コーディネーターを務めるリチャード・ベルグストローム氏は同国の放送局TV4とのインタビューで、「第2四半期について英国と米国、さらに一部インドから出荷の想定で計7500万回分の確保していた」とコメント。だが「米国とインドで輸出規制措置がとられ、英国からのワクチン輸送には契約上の障害があり」、アストラゼネカはこれらのワクチンを予定通り確保できないとの報告を受けたばかりだと明らかにした。

アストラ製ワクチンのEU向け出荷、バイデン政権が阻止-NYT

  EUは第2四半期に、米ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンを中心に、計約4億回分の納入を受けると見込んでいる。7-9月(第3四半期)にはさらに6億4000万回分の供給を受ける計画だ。欧州委は9月末までに成人の70%への接種完了を目指すと公約している。

原題:Astra May Supply Less Than Half the Shots EU Expects by June (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE