, コンテンツにスキップする

バイデン氏、追加経済対策法案に署名-個人給付は今週末にも開始

更新日時
  • 当初は12日に予定されていたが、1日前倒しで署名
  • 法案は国民の大多数が「強く支持している」-バイデン氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領は11日、1兆9000億ドル(約206兆円)規模の追加経済対策法案に署名した。当初は12日に署名の予定だったが、1日前倒しとなった。

  バイデン政権初の大規模経済対策の成立により、多くの個人や企業、州や地方政府に援助資金が行き渡ることになる。同法案は下院が10日に賛成220、反対211で可決し、大統領に送付されていた。上下両院とも共和党議員は1人も賛成票を投じなかった。

  バイデン氏は国民の大多数が同法案を「強く支持している」と指摘。「この歴史的法律は、この国のバックボーンを再構築するためのものだ」と述べた。

バイデン米大統領は1兆9000億ドル規模の追加経済対策法案に署名(3月11日)

Source: Bloomberg)

  クレイン大統領首席補佐官によると、バイデン氏は12日に議会指導者らとも署名式典を行う予定。ホワイトハウスのサキ報道官は、同式典は「超党派にはならないだろう」と話した。

  法案署名を早めたことでバイデン氏は、この日夜に行うテレビ演説で追加経済対策の恩恵を国民に訴えることができる。サキ報道官は、追加経済対策による個人への直接給付は「早ければ今週末」にも始まるとの見通しを示した。

  追加経済対策の成立はバイデン氏にとって大きな政治的勝利を意味する。議会を僅差ながらも掌握する民主党内での求心力を示す形となった。

  バイデン大統領とハリス副大統領は今後1週間、追加経済対策の恩恵を訴えるために米国各地を回る。バイデン氏はフィラデルフィア郊外を訪れるほか、今年1月の上院2議席の決戦投票を民主党が制したジョージア州に向かう。

米経済対策の主な内容
 ・1400ドルの直接給付(一部高所得層を除く)
 ・週300ドルの失業保険給付上乗せの9月までの延長
 ・新たな医療保険料補助
 ・子供に関する税額控除
 ・3600億ドルの州・地方自治体支援

原題:Biden Signs $1.9 Trillion Bill, Teeing Up Aid as Soon as Weekend(抜粋)

(第5段落以降を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE