コンテンツにスキップする

米国株が最高値、ハイテク中心に買い-大型刺激策を意識

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

11日の米株式相場はハイテク銘柄中心に上昇。S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均が最高値を更新した。連邦政府による1兆9000億ドル(約206兆円)規模の追加経済対策が意識された。

  • 米国株は上昇、S&P500とダウが最高値-ナスダック反発
  • 米国債は下落、10年債利回り1.54%
  • ドル下落、対円では108円半ば
  • NY原油は約1週間ぶり大幅高、需要回復の兆しで
  • 金スポットは上げ失う、米国債利回り持ち直しで

  S&P500種はテクノロジー株や一般消費財銘柄などが幅広く上昇。大型ハイテク銘柄中心のナスダック100指数は、2月に付けた最高値を11%下回った下落局面からの持ち直しが続いた。半導体銘柄がハイテクの上昇を主導した。

  ツイッターも大幅高となり、テスラも株価回復が続いた。上場初日となった韓国の電子商取引大手クーパンは41%値上がり。

  S&P500種は前日比1%高の3939.34。ダウ平均は188.57ドル(0.6%)高の32485.59ドル。ナスダック総合指数は2.5%上昇。

  米国債市場では、30年債入札後に10年債利回りが上げ幅を縮小。ニューヨーク時間午後4時59分現在、同利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.54%。先週の米新規失業保険申請件数は前週比で予想よりも減少し、昨年11月初め以来の低水準となった。バイデン大統領は1兆9000億ドル規模の追加経済対策法案に署名した。

  TIAAバンクの世界市場担当プレジデント、クリス・ギャフニー氏は「米政権は法案によって株式市場に若干の追加燃料を注入した。これはロケット燃料になる」と指摘。「最高値更新の背景には、刺激策で世の中に投じられる資金の存在がある。最初数回の景気対策プログラムよりも広範なものだ」と述べた。

U.S. equity benchmark posts best two-day rally since early February on relief bill

  外国為替市場ではドルが下落。ドル指数は3日続落し、1週間ぶりの安値を付けた。主要10通貨ではスイス・フランの上昇が目立ったほか、原油高を追い風に資源国通貨も値上がりした。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%低下。ドルは対円では0.1%高の1ドル=108円51銭。ユーロは対ドルで0.5%高の1ユーロ=1.1986ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は続伸。約1週間ぶりの大幅高となった。米国の州間幹線道路で車両走行距離が増加したとのデータや、英国での道路利用拡大を示すデータなど、燃料消費の回復が勢い付いている兆候が注目された。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は1.58ドル(2.5%)高の1バレル=66.02ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント5月限は1.73ドル高の69.63ドル。

  金スポット相場は米10年債利回りの持ち直しを背景に上げを失った。ニューヨーク時間午後2時35分現在では前日比変わらずの1オンス=1721.40ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.1%高の1722.60ドルで終えた。

原題:Stocks Surge to Record With Aid Deluge Imminent: Markets Wrap(抜粋)

CORRECT: Dollar Retreats as Stocks Jump on Stimulus Euphoria(抜粋)

Oil Advances With Signs Emerging of Fuel Consumption Rebound(抜粋)

Gold Heads for First Loss in Three Days With Yields Rebounding(抜粋)

(相場を更新し、コメントを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE