, コンテンツにスキップする

仏ルノーがダイムラー株売却へ、業績てこ入れに向け資金確保

  • 売却収入で「自動車事業の債務圧縮加速」が可能に-業務提携は継続
  • 21年は困難な年になると予想-過去最大の赤字記録した決算発表時に

フランスの自動車メーカー、ルノーはドイツのダイムラーの株式約12億ユーロ(約1600億円)相当を売却する計画だ。過去最大の通期赤字を受け、業績てこ入れに向けた資金を確保する。

  11日の発表文によると、保有するダイムラー株約1.5%を全て手放す。ルノーは既に全株式について十分な需要を得ていると、事情に詳しい複数の関係者が情報の非公開を理由に匿名で語った。

  ルノーは今回の売却収入で「自動車事業の債務圧縮を加速」できると説明した。両社によると、2010年からの業務提携は継続する。

  同社は先月、20年通期決算を発表した際に、21年は困難な年になる見込みだと指摘していた。決算では80億ユーロの純損失と、市場予想を上回る赤字幅を記録した。

原題:Renault Taps $1.4 Billion Daimler Stake for Turnaround Funds (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE