, コンテンツにスキップする

中国、IOCにワクチン提供を申し出-東京、北京五輪の参加者向け

国際オリンピック委員会(IOC)は、中国オリンピック委員会から東京五輪と来年の北京冬季五輪の参加者向けに新型コロナウイルスワクチンの追加提供の申し出を受けた。バッハ会長がオンライン形式で開かれたIOC総会で明らかにした。

  追加提供分の費用について、バッハ会長からはIOCによる具体的な負担額の説明はなかった。このほか会長は、五輪に参加する「相当数」のチームがワクチン接種を受けていると語った。

  これに対し、東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は総会後の会見で、「ワクチン接種については政府が対応しているので、組織委としてはコメントする立場にない」と述べた。

  また東京五輪への海外からの一般観客受け入れについて武藤氏は、新型コロナの感染状況や専門家の科学に基づいた意見を考慮した上で今月25日より前に判断すると説明した。

  観客数の制限については、スポーツイベント開催に関する日本政府の指針に基づき4月に決定すると語った。 

原題:China Offers IOC Vaccines for Tokyo, Beijing Game Participants(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE