, コンテンツにスキップする

香港の選挙制度変更を決定、民主派排除へ-中国全人代閉幕

更新日時
  • 香港の選挙制度を抜本的に変える「草案」、圧倒的多数で採択
  • 香港立法会の議員定数を70人から90人に増やす

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は11日、香港の選挙制度見直しを承認した。香港民主派の排除を狙う中国政府は「愛国者」による香港統治を主張している。

  香港の選挙制度を抜本的に変える「草案」は賛成2895票、反対ゼロ、棄権1で採択された。北京で5日開幕した全人代の議題とされたのはわずか1週間前で、採択前に見直し案の全文は公表されなかった。全人代が中国共産党指導部が示した議案を否決したことはない。

  草案採択後、国営の新華社通信は選挙制度変更の内容を報道。香港立法会(議会)の議員定数を70人から90人に増やす。議員候補の資格を厳しく審査する「委員会」が設けられるほか、行政長官候補を選ぶ選挙委員会は現行の1200人から1500人に拡大される。

China Congress

全人代(3月11日)

  今年の全人代に先立ち、習近平国家主席は「愛国者」による香港統治を求めていた。今後は全人代常務委員会が選挙制度変更の詳細を決め、最終的な計画を香港側に示すと見込まれている。

香港は「愛国者」によって治められるべきだ-中国の習主席

  香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は全人代での採択後、「愛国者の香港統治の原則が全面実施され現行選挙制度の抜け穴をふさげば、香港を乱してきた無謀な動きと内部分裂に効果的に対処することが可能になる」などとする声明を発表した。

  愛国者が何を意味するかや、誰が誰を愛国者と認定するのかは不明だが、香港にいる中国外交官の1人は今週、愛国者は「中国共産党に敬意を払う」ことを期待されていると述べた。

  李克強首相による政府活動報告で始まった全人代は、1週間の日程を終え閉幕した。李首相は閉幕後の記者会見で、香港の選挙制度見直しで「一国二制度」を改善させると主張した。

  李首相によれば、 中国は今年、経済政策を「突然シフト」させる必要はなく、妥当かつ適切なやり方で政策の調整を行う。中国はさまざまなレベルで米国との対話を望んでおり、今後も市場の開放を続けると表明した。

  また、中国は世界のサプライチェーンの一部として責任を果たしていくとし、外資の参入を制限する「ネガティブリスト」の縮小を続けると説明。「1つの中国」の原則の下で台湾との交流を歓迎するとも語った。

全人代は香港の選挙制度を抜本的に変える「草案」は圧倒的多数で採択した

Source: Bloomberg)

原題:China’s Parliament Approves Overhaul of Hong Kong Elections (2)、China Premier Sees No Need for Sudden Shift in Economy Policy、China Targets Stable Growth With Focus on New Jobs, Li Says (1)(抜粋)

(李克強首相の記者会見を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE