, コンテンツにスキップする

ブラジルのルラ氏、大統領選への出馬は明言せず-現政権の政策を批判

  • 貧困層への支援強化や民営化への反対を表明-ルラ元大統領
  • 連邦最高裁は8日、ルラ氏の有罪判決を無効とする判断を下した

ブラジルのルラ元大統領は10日、ボルソナロ現大統領の政策を批判するとともに、貧困層への支援強化や民営化への反対を表明し、政治的舞台に復帰した。

  同国連邦最高裁の判事は8日、収賄などの罪で有罪としたルラ氏(75)に対する判決を無効とする判断を下した。最高裁の判決後で初となった10日の演説では、2022年の大統領選への出馬を表明するには至らなかった。

  ルラ氏は同日の記者会見で、「22年の大統領選への出馬について考える時間がない」と説明。「それは今後の話だ」と述べた。

  同氏は22年の大統領選に向け左派を1つにまとめることに重点を置く意向を示した。18年の大統領選では実現しなかった。

  ルラ氏の出馬意思が確認された場合、新型コロナウイルスの深刻な感染再拡大やそれに伴う経済への打撃に対応を迫られる同国で、分裂を生む恐れがある。また、穏健派が再び閉め出される可能性が高まるほか、ボルソナロ氏が市場重視の改革アジェンダを放棄し、大衆迎合的な政策を推し進める懸念が高まる。

Former President Lula To Walk Out Of Jail Following Brazil Court Ruling

ルラ元大統領

Photpgrapher:Guy Pichard / Bloomberg

  ルラ氏はサンパウロ郊外で1時間余りにわたって行った演説で、左派政治家らの支援に対し謝意を表明し、自身の無実をあらためて主張した。

原題:Defiant Lula Stops Short of Announcing Brazil Presidential Run(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE