, コンテンツにスキップする

フロリダに移住したウォール街著名人ら、多くがNY回帰を検討

  • D1キャピタルのサンドハイム氏、パームビーチからNYに戻る公算
  • ワクチン接種進展でコロナ収束の期待-フロリダの魅力が相対的低下

米フロリダ州パームビーチでカクテル「アッパー・イースト・サイド」を頼めば、ニューヨークのマンハッタンで飲むのと全く同じ味が楽しめる。有名イタリア料理店のカルパッチョもウォール街のものと遜色ない。

  パームビーチの会員制レストラン「ラ・グール」はブラックストーン・グループのスティーブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)の行きつけで、ゴールドマン・サックス・グループのデービッド・ソロモンCEOらの姿もある。フロリダは、南のウォール街になろうとしている。

  新型コロナウイルスの感染拡大以降、金融業界からは著名人を含む多くがフロリダ州に移ってきた。地元の人々は、大手金融機関を誘致するという同州の長年の夢がようやくかないつつある証拠だと期待する。パームビーチの不動産業者はコロナ禍が招いた不動産ブームによる手数料収入に胸を躍らせ、私立学校はニューヨークの名門スペンススクールの現地校開校を夢見ている。

relates to フロリダに移住したウォール街著名人ら、多くがNY回帰を検討

パームビーチの会員制レストラン「ラ・グール」

  しかし、現実はそう簡単ではなさそうだ。

  昨年にマンハッタンからフロリダに転居した人のうち、恒久移住組はごく一部に限られる。ワクチン接種の進展で新型コロナ収束への期待が生まれる中、ウォール街の住人をフロリダ州南部に大量に引き寄せるという威勢のいい話はすでに消えつつある。

  ニューヨークを拠点とするヘッジファンド、D1キャピタル・パートナーズの創業者ダン・サンドハイム氏は、パームビーチを離れてニューヨークの自宅に戻る公算が極めて大きいと、同氏の計画に詳しい関係者が明らかにした。ヘッジファンドのアパルーサ・マネジメントを率いる資産家デービッド・テッパー氏は昨年、マイアミからニュージャージーに戻った。同氏夫妻はパームビーチに7300万ドル(約79億円)の豪邸を購入したばかりだが、当面はニュージャージーにとどまるという。

  マドリック・キャピタル・マネジメントで30億ドルの運用を監督するジェイソン・マドリック氏は、「フロリダ移住に伴う一番の問題は、フロリダに住まなければならないことだ」と語った。

  20年余りにわたりマンハッタンで暮らす同氏は「ニューヨークには最も賢く、やる気に満ちた人材がおり、最高の文化やレストラン、劇場がある。多少の節約のためにフロリダに引っ越す人は、これら全てを失う」と述べた。

原題:Wall Street A-Listers Fled to Florida. Many Now Eye a Return (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE